糟屋郡粕屋町の土地・戸建て売却は【センチュリー21シンメイ】へ

自分にあった住み替えと成功のポイントは?

住み替えは「住まいの売却」と「新居の購入」という2つの大きなイベントを合わせたものです。そのため、住み替えの検討を始めたとき、「住まいの売却と新居の購入のどちらを先に進めた方がいいのか」がとても気になると思います。

売却と購入をタイミングよく行わなければ、引越しの手間が倍増する「仮住まい」や、ローン返済金額が跳ね上がる「二重ローン」などが必要になる可能性が生じてきます。言いかえれば、売却と購入をタイミングよく行うことで、仮住まいや二重ローンなどの手間やリスクを減らすことができるわけです。

そこでこの記事では、タイミングよく住み替えるポイントを確認していきます。

代表的な住み替えのケースには、それぞれにメリットとデメリットがありますので、ご自身の状況や事情に適しているのはどれなのか、考える際の参考にしてください。

売却と購入、どちらを優先する?

前述のように、住み替えには「住まいの売却」と「新居の購入」という2つの大きなイベントがあります。この2つのイベントのどちらを優先して進めるかが、大きなポイントになります。

住まいの売却を優先するケースは「売り先行型」、新居の購入を優先するケースは「買い先行型」と呼ばれています。住まいの売却と新居の購入を同時に進めることが理想なのは言うまでもありません。現在の住まいの引き渡し日と、新居の入居日を合わすことができれば、1回の引越しで住み替えが完了するため、手間もコストも最小限で済むからです。

しかし、そう簡単にはいかないのが住み替えの難しいところ。「住まいは売れたが新居が決まっていない」、逆に「新居は決まったが住まいが売れていない」という事態は珍しくありません。そこで、あらかじめ優先したい事項を決めておくことが住み替え成功のポイントと言えるでしょう。

売り先行型のメリット・デメリット

住まいの売却を優先する「売り先行型」は、最も一般的な住み替えのケースと言えます。現在の住まいの住宅ローンがまだ残っている状態で住み替えを検討する場合、「住まいを売ったお金で残債を一括返済し、売却益を新居の購入資金に充当する」というのが一般的な流れだからです。

売り先行型は「購入資金にいくら充当できるか」が明確になるため、しっかりとした資金計画を立てる上で大きなメリットになります。また、「この日までに売らなければいけない」というリミットがないため、売り急ぐ必要がなく、余裕を持って交渉に臨めるのもメリットのひとつです。

ただ、売却を優先した場合、住まいの引き渡し日までに新居が見つからないときには「仮住まい」を探す必要が生じてきます。数日程度ならウィークリーマンションやホテルという選択もありますが、賃貸物件を借りるとなると出費は大きなものになってしまいます。仮住まいを避け、タイミングよく住み替えることが売り先行型のポイントです。

【売り先行型のメリット】

  • あわてて売る必要がないため、購入者との交渉を有利に進めることができる
  • 資金計画が立てやすい

【売り先行型のデメリット】

  • 仮住まいが必要になることもある

買い先行型のメリット・デメリット

「住まいには妥協したくない」という人向けのケースが、新居購入を優先する「買い先行型」です。次の住まいを確保してから現在住んでいる家を売却するため、仮住まいは必要ありません。仮住まいにかかる手間や費用なしで住み替えられるのは大きなメリットと言えるでしょう。

ただし、「新居の入居日までに住まいを売りたい」など期日が限られていることから売却を急いだ場合、買い手を確保するため、値下げを余儀なくされることが少なくありません。また、売却する住まいの住宅ローンに残債がある場合、二重ローンや住み替えローンが必要になることもあります。住まいの売却時期が遅くなるほど、資金的な負担も大きくなってしまうわけです。

【買い先行型のメリット】

  • 時間をかけて新居を探すことができる
  • 仮住まいが不要

【買い先行型のデメリット】

  • 売却を急いだ場合、売却額を妥協しがち
  • 売却が遅れると住宅ローンが二重になることも

住み替えを成功させるためには、「売却と購入をスムーズに行うこと」がポイントになります。そのために重要なのは、親身になってくれる不動産会社を選ぶこと。まずは一度、利用しようと考えている不動産会社に、「仮住まいも二重ローンもなしで住み替えたい」と相談してみることをお勧めします。

総合的にサポートしてくれる会社を選ぶことが、スムーズな住み替えを実現する秘訣。「不安がある」、「アドバイスが欲しい」といった場合は、どうぞ当社まで遠慮なくご相談ください。大切なご家族のためにも、一緒に住み替えを成功させましょう!

当社の売却物件を探しているお客様情報販売事例不動産売却コラム売却査定
センチュリー21シンメイ

センチュリー21シンメイ

福岡県知事(4)第14417号

〒811-2316
福岡県糟屋郡粕屋町長者原西2丁目8番6号
TEL:092-939-9110


営業時間:平日 am9:00~pm 6:00 土・日・祝 am9:00~pm 5:00
定休日:水曜日

Copyright © All rights Reserved byセンチュリー21シンメイ